ねむみのコンプレックス解消ブログ

巻き肩ストレートネック姿勢悪いおデブの筋トレコンプレックス解消ブログ

【脱・銀歯】金属アレルギーのパッチテストに行ったよ【保険診療】その1

矯正をするようになって気になっていたのが銀歯と歯の黄ばみ!

 

矯正中は虫歯治療などは一切できないのですが、矯正を終わったら銀歯を白い詰め物にしたい欲が高まってきたのです。

わたしはもともと金属アレルギー症状があるのですがちゃんと診断を受けたわけではなかったのでこの際ちゃんと調べてもらおうと病院へ行ってきました。

 

ちなみに金属アレルギーの診断が出たうえで【診療情報提供書】を歯科医院にもっていくと保険診療でハイブリットセラミックの白い被せもので治療を受けることができるそうです。

 

金属アレルギーの検査はこちらの皮膚科で受けました。

www.irodori-hifuka.jp

f:id:nemhuneko:20220120140628j:image

背中に金属成分の含んだ薬剤のパッチを貼っていく検査になります。

1日くらい貼っておけばいいのかと思ったけど診断まで1週間かかりました!

 

初診料を含めて1830円(保険診療3割負担)とパッチの上に貼ってもらった防水シート880円かかりました。

 

火曜日 (パッチ貼り付け)

(この間背中は濡らしてはいけないのでお風呂禁止)

木曜日 (パッチはがす) 第一回判定

金曜日 (遅れて腫れてくるかみる)第二回判定

翌火曜日 (診断)第三回判定

 

こんなスケジュールでした。

ちなみに汗をかくのも禁止なので冬場にしかできない検査かと思います。

シャワーも頭と下半身しか洗えませんでした。

夏だったら苦行間違えなしなので矯正期間中ですが真冬の今この検査を受けています。

 

ちなみにパッチの数は全部で16種類でした。

金属の種類は

アルミニウム、コバルト、スズ、鉄、白金、パラジウムインジウムイリジウム、クロム、ニッケル、金、銅、マンガン、銀、亜鉛、水銀

になります。

 

いまパッチを貼って2日目の朝なのですが背中が痒くいのとヒリヒリするので結構辛いです。

 

これらの金属のうち何種類にアレルギーがあるのはわかるのはとっても嬉しい!

顔の赤みや肌荒れももしかしたらこれらの金属が化粧品に含まれているからかもしれないから。

食べ物にも金属が含まれているので要注意ですね。

ダイエットにぴったりなオートミールにはニッケルが含まれていたりするみたいです。

アクセサリーだけ注意したらいいわけじゃないのが辛いですね。

私はイヤリングをよくつけるのですが肌に触れる部分は必ずコーティングをして使っています。

それでも夏場は炎症を起こしてしまうので要注意です!

 

こういうのが売ってるので時計の金属部分やイヤリングに塗るのおすすめです。

指輪はあんまりオススメしないかも(はみ出やすいから)