ねむみのコンプレックス解消ブログ

巻き肩ストレートネック姿勢悪いおデブの筋トレコンプレックス解消ブログ

【メンタルヘルス】自分のことが話せない理由

今日はちょっと最近通ってる病院について書こうと思います。

 

6月から精神科とカウンセリングに通い始めています。

以前から心療内科にはたまに行っていたのですが治療方法が全く違います。

私の通っていた心療内科ではどんな風に困っているのか(感情が安定しない、涙が出る、やる気が出ない等)に対してお薬を処方してくれる感じでした。原因まで追及する感じではなかったんですね。

いま通ってる精神科では本当にひたすら自分の事を話すだけ。自分の生い立ちから聞かれてたりもします。

自分の事を話すだけで涙が出てしまうので泣きながら話してます。

あまりに涙が出るので精神安定剤を処方されるくらい。

初めはなんで涙が出てくるのか全くわからなかったです。(情けなさ?)

先生もカウンセラーもあなたはこういう病気ですよと言ってくれる訳ではないので…。

 

だんだん自分で話していくうちに頭がクリアになったり記憶が蘇ったり。

先生が私に言ったのは『考えてが歪んでるところがあるね』です。

 

 

自分でもどうしてそうなってしまったのか原因はどれなのか全くわからないのですが自分にそっくりな人のnoteを見つけたのでびっくりしました。

虚言癖30年の女の告白|おだんごめがね|note

 

劣等感、コンプレックスの塊、人によくみられたい気持ち、嘘で自分を盛ってしまうこと

 

他の子より肌が汚い、可愛くない、太っている、運動神経も悪い…狭い世界ながらたくさんのコンプレックスを抱えてました。

 

また些細な事から私も嘘や言い訳が積み重なりなにかしてしまったら言い訳から入るようになりまし。

小さい頃の記憶がネガティブなこと以外曖昧なのも同じ…。

小学生の時、文房具屋さんで買ったアルミテープでできたお花のシールを学校に持っていってお母さんが作ったと嘘をついたことも思い出しました。

注目されたいと思っての嘘だったんでしょうね。結局バレて恥ずかしい思いをしましたけど。

 

両親が不仲だったこともあり根底はアダルトチルドレンからさらに境界性パーソナル障害、虚言癖などいろいろミックスされて今があるのかな?と感じています。

 

上記のおだんごめがねさんのnoteでもあるように私は人からよく見られたい、人から好かれたいために嘘や言い訳などで虚飾してできた人間なので、本当の自分が分からなくなって自分のことが話せなくなってしまいました。

 

私に精神科を勧めてくれた人もきっと私が何を考えているのか分からない『不可解な存在』に見えていたのでしょう。

きつくあたられた事もありました。どうしてそんな態度になってしまったのか今なら分かります。分かって本当に申し訳なくなります。

きっと私の事を理解しようと向き合ってくれてたのに意味のわからない躱され方をするんだから。

 

なにか言われれば言い訳で返したり、本音を話さない甘えた存在。

 

おだんごめがねさんが

『嘘をつくのはそこ相手を見くびり見下す事、相手をまともな人間として扱わず、自分自身もまともな人間の尊厳を持てないこと』

 

心のどこかでは理解していた上記言葉ですが私は今まで私が勝手に考えた相手の喜びそうな答えを誰にでもしてきたので、『あなたはどう思うの?どうしてそうなの?』という質問が怖くて答えられませんでした。

特に私の事を知ろうとしてくれた質問なのに、本当はこうなの!って心の底であるのに自分の嘘や虚栄心で出来た私の答えは誠実ではなくてそのせいで罪悪感で引け目を感じていつも苦しくなってました。

 

相手の事をとても尊敬しているくせに自分自身が傷つきたくなくて空っぽの自分を隠して相手を見くびってひとりの人間として理解しないというちぐはぐな事をしてしまっていました。

気がついていたのに気がついてないフリをしてました。

沢山の時間を過ごしてしまいました。

歪みに巻き込んでしまってごめんなさい。

どうかこれから先はこんな厄介な存在に出会わない事を祈るばかりです。

今までありがとうございました。

 

私は自分の言い表せない暗い感情をカウンセリングなどを通して少しずつ言葉で表せるようになってきたり、向き合わなくてはならないものができたり、治すべきものが少しずつ見えてきました。

 

理解した→治った!

みたいにはいなかいものですがこれから先、家族友人などと対等な人間関係を構築できるように自分と向き合っていきます。